マンション投資のメリット

リゾート型マンションと川辺

デフレから脱却して経済が上向きになってきました。インフレ傾向が強まると、不動産投資が有利になります。

インフレになると不動産の賃料が上がり、収益率が高くなるからです。資金がなくても不動産投資ができます。それはワンルームマンション投資です。分譲マンションのワンルームを購入して賃貸物件として貸し出し、その賃貸料で収益を上げる投資法です。資金がない場合は中古のワンルームを購入することで、投資をすることができます。

中古のワンルームが狙い目
中古ワンルームで投資するメリットは、購入価格が安いのでローン返済が楽だという点です。ワンルームマンション投資は購入資金のローンを賃貸料で支払わねばならないため、新築の場合は返済額が高くなります。しかし中古なら返済額を抑えることができるため、収益率が高くなるのです。

ローンの返済が早く完了すれば、その後は賃貸料のすべてが収益となり、資産が形成できます。定年後に賃貸料だけで生活を安定させるためには、計画的に投資をすることが大切です。

入居率の高いマンション選び
まとまった資金が必要な時は、ワンルームマンション売却によって売却益が入ってきます。このように不動産投資はリスクが少なく、少額から投資できるのが魅力です。中古のワンルームを購入する時には、資産価値があまり下がらない物件を探すことが重要になります。

資産価値が著しく下がるような物件では、収益率を上げることができないからです。好立地に建つ物件で、入居率が高いマンションを選ばなくてはいけません。そのような中古マンションを購入できれば、老後の生活は安心です。

マンション投資について

リゾート型マンションと湖

一般にマンション投資というのは、マンションを一部屋なり買って賃貸物件として、他人に貸すことによって利益を得るものです。これには、マンションの取得価格、取得のための資金、マンションの維持費(管理費、修繕積立金、内装修繕費、固定資産税等)、マンションの賃貸金額が、重要になってきます。

設定によっては儲からないし、儲けを多くしようとしすぎると、借り手がいないということに成りかねません。ここを見極めて、投資金額の年間回収率を考えます。

マンション売却
マンション売却を考えるのに考慮しなければいけないのは、自分自身が実際に住んでいるマンション売却か、賃貸物件を売却しようとするのか。

マンション売却は、マンション購入日から何年経っているのか、マンション売却によって利益はみこまれるのか、または、自分が住んでいたのならどの位減価償却をかんがえればいいのか、などを考慮することよってマンション売却の金額を設定するようになると考えられます。場合によっては、マンション売却の時期をずらしたりするのが良いこともあります。

不動産について
マンションの投資や売却は、不動産関連の専門業者がいます。この専門業者が提案してくるのが、税金を安くしたいと思いませんか、というものです。ケースバイケースであると思いますが、確かに税金を安くすることができるようです。しかし、これもマンションを手に入れる資金を持っているか、安い金利でローンなりを組める個人の信用力がないと無理な話です。

このマンションの話は、賃貸人や購入者がいることが前提としたものなので、絶対に安全というものではありません。